アルバイト先の制服を着る為

当時、週5以上勤務していたアルバイト先の制服がタンクトップとミニスカート、スカートの下には見せる用のパンツだった為、毎日腕、脇、Vゾーン、足の無駄毛処理をしており疲れて帰宅しても翌日の為にと無駄毛処理を怠れず、1日忘れてしまうと結構汚く見えるので、時間があれば無駄毛処理をしているような日々で大変でした。

shhhhhそこで、脱毛をしたらどんなに楽だろう、と思い始め専門のお店を調べて行くことにしました。レーザーと抜くタイプのお店があり、抜くタイプの方が即効性はあるけど、痛みを伴うとのことでレーザーのお店通うことにしました。やはり即効性はなく、緩やかに濃い毛が薄くなって、月1回1年程通って次第に毛が生えなくなっていった感じです。

アルバイト先の制服がきっかけでしたが、後々になっても毛がないことは便利だと思うことが多々あり、特に子育て中、自分の事は全て後回しになっている今は特に脱毛して良かったと思っております。

http://www.destinationberlin-meetings.com/

女性たる者ムダ毛事情は永遠の悩み。綺麗な人には顔から足の先までムダ毛など一毛もみあたりません。

私の場合、毛が生え始めたのは小学校から、毛が気になりだしたのは中学校から。

astonished business woman with hands on headそれから社会人になるまでずっとムダ毛に悩まされてきました。 というのも私のムダ毛は非常に濃い。なぜその栄養分が睫毛や髪の毛にいかなかったのか…。本当に謎です。一度剃刀で剃ってしまうと一貫の終わり。剛毛なムダ毛が次々生えてきて黒いポツポツ、赤いポツポツ、さらにチクチク。

市販の除毛剤などはかぶれて黒く沈着してしまい全く使い物にならず、通信販売の過剰な煽りの除毛クリームなどを買おうかどうしようかと悩む毎日。

高校生くらいになると美容に敏感なモテ女達はさっさと脱毛をしてツルピカの足や腕を手に入れていました。
クラブ活動に勤しんでいた私は、アルバイトもままならず脱毛サロンにいくなんてもっての外、ムダ毛との決別は中々に難しいものでした。

なるべく目立たないように当時流行っていたルーズソックスを何枚も履き重ね、足の毛が見えない様にしたり(どうしても見えてしまう部分だけ剃る)、私服時はカラータイツやズボンばかり履いていました。

何より恥ずかしかったのはプールの授業で、思春期の女子ならではの女子同士の物言わぬパーツチェック、さらに男子からのパーツチェックです。水着ですからあらゆる所のムダ毛が露わになります。少しでも剃り残しや剃刀負けがあれば影で何を言われるのかわかりません。私は殆どプール授業はサボっていました。
そんな青春時代を過ごし、大学生になりさらに問題になるのは性の問題です。

暗がりだったらまだ隠せるものの、チクチクだけはどうしても隠せませんでした。
本当にムダ毛のせいで何度泣き傷ついた事か…。

社会人になり始めてのボーナスで脱毛に行くと決めて、実際に行ってからは本当に手間も気持ちも楽の一言。現在もツルピカになるべくまだまだ通い中です。

http://www.e-govfair.jp/

葉酸を摂取するきっかけ

私が葉酸を摂取しようと思ったのは、インターネットに妊活には葉酸が良いと書いてあったからです。

stockfoto_61830340_S結婚して2年過ぎても子宝に恵まれず、婦人科でタイミング療法をしてもうまくいきませんでした。子供を授かるためには何でもしたいとわらにもすがる思いでインターネットで検索をしていたところ葉酸を摂取するといいと書いてあり、現在葉酸のサプリメントを積極的に摂取しています。

葉酸は毎日摂取した方がいいと書いてあるが普段の食事からでは難しいです。

芸能人で妊活中摂っていた葉酸をおすすめしているとこれは効くかなと思い少し高めでも購入して摂取しています。天然の原料で普段の食事からはなかなかバランスよく栄養をとれないので、葉酸のサプリメントはとても重宝しています。

現在結婚4年目でまだ子宝に恵まれず妊活を続けていますが、妊娠中も出産してからも取り続けた方がいいようなのでれからも葉酸を摂取し続けます、子供を授かりたいと思います。

http://肥後すっぽんもろみ酢.jp/

なぜか体毛だけが濃いような気がする

私は、髪の毛の量は少なく、1本1本が細く、柔らかく、猫っ毛とも言われています。

ですが、体毛と呼ばれるのでしょうか、スネ毛や脇毛などはどちらかというとしっかりした毛で、1本1本が太く濃いような気がします。

ミセスビューティー中学生や高校生の年頃の頃は、必死に毎日剃っていました。でも剃る事は、皮膚を痛めたりしてよくない事や、毛をさらに太くしてしまい、逆効果など言われている事も知っていました。

ですが、当時は聞く耳持たず、毎日の日課のような感じでやっていました。
当時は彼氏がいた事もあり、体毛が濃い事がバレないよう、腕の毛など剃る箇所も増やしたりしていました。

高校を卒業し、社会人になった友人などから、脱毛に通ってるんだ、という話を聞くようになり、私もいつか行ってみたいなと漠然と思うようになりました。

毎日剃る事もめんどくさく思う日もあるし、やはり何年も続けていると、皮膚がカサカサし始めてきているのも分かるし、毛穴が黒く目立つようになってきた気がしていて。

脱毛は痛いイメージもあるし、高そうなイメージもあるので、なかなか行く勇気も余裕もありませんが、いつか、実現できるなら、スネ毛と脇毛は脱毛したいと思っています。

ヒゲ脱毛でオススメのクリニックへ

ワキのムダ毛処理は難しい

自分でムダ毛処理を行っていたんですが、どうしてもワキの処理は鏡を見ながらするのは苦痛に感じていましたし、特に抜き残しがあると目立つので念入りに行う必要があるので困っていました。

脇を見る女の子電車通勤していますが、つり革を持っているときノースリーブを着ていたんですが、ワキに目線を感じるのでワキを見てみるとナント1本の毛が伸びているではないですか

とても恥ずかしくなりそれ以降はノースリーブを着るのをやめました。自分で大丈夫だと思っても毛はすぐ伸びるし、ましてやワキの処理は自分で見にくい部位なので難しいです。

脱毛サロンへ行って施術してもらった方が楽かな~と思うようになり、色々と検討するようになりました。
やはりプロの脱毛士の方が施術すると抜き残しなどありませんし、安心してお任せすることができると感じていたんです。

やはり自分で処理するのは難しいのでワキ脱毛でキャンペーン実施しているところはないか色々とチェックしたいです。

永久脱毛 おすすめ

何気ない癖は自傷行為だった

私は幼少期から指を噛む癖があるのですが、「指を噛む、爪を噛む」という癖は、自傷行為の一種なのだと言うのです。
自傷行為とは、自分で自分の体を故意に傷つける行為の事です。
リストカットやタバコの火を身体に押し当てる行為が一般的です。
この事実を知り、正直ビックリしてしまいました。
普段私が単なる癖だと思ってやっていた事が、自傷行為と同じ扱いだとは思いましませんでした。

それでは、この癖はどのように治していけばよいのでしょうか、
まず癖の主な原因は、精神的なストレス、怒りや悲しみ、孤独感や劣等感か大きいようです。
大人と子供では治療方法に違いますので、ここでは大人に対しての治療方法を紹介します。

噛んでしまう指に絆創膏を貼る。
指先にバイターストップという専用薬を塗る。
ネイルアートを施し、爪を噛む動機を絶つ。
心療内科、精神科でカウンセリングを受ける。

さっそく私もこれらの治療法を試して、長年の癖を治したいと思います。